ドメインの使いまわしとWEBサイト制作

WEBサイトを運用する時、一般的には1つのサイトに対して1つのドメインを使います。ですがドメインだってお金がかかる、コストを優先したサブディレクトリやサブドメインでの複数サイト運用はダメなのでしょうか?

worldドメインの取得方法と駆動設計のお話

独自ドメインを取得するには専用サービスを利用すれば可能です。様々な種類のドメインを取得できるのがメリットですが、最近新しく登場したのがworldです。worldはトップレベルドメインに該当します。worldの前にコンマを付けて使用します。
英語の意味のとおり、世界をあらわす言葉ですので、それに関連したサイトを作るときにイメージ通りのアドレスを取得できるでしょう。
必ずしも世界を意味するサイトに使わなければならないものではなく、単純に気にっているから、インパクトがあるからといった理由で取得しても構いません。
worldを取得するには、取り扱いのある専用サービスで購入します。最初に登録料金を支払います。基本的に1年更新ですので、1年経過後も使用する場合には更新料金を支払うことで認められます。利用するサービスによって料金が異なりますが、worldの場合だと相場は4000円を少し超えるくらいです。キャンペーンを上手く活用すると、安く取得可能です。
ドメイン駆動設計という言葉がありますが、こちらはウェブサイト用のアドレスとは違って、ソフトフェアの設計手法の意味を持ちます。
ユーザーやスポンサー、ソフトウェア開発者の全てが上手く連動するように設計することをすすめる考え方です。エンティティと値オブジェクト、サービスにリポジトリ、ファクトリーの5つの要素を上手くこなすことで、理想的な駆動設計に繋がるとされています。
プログラミングの基本となるオブジェクト指向の分析設計と比較すると、ドメイン駆動設計は単純にオブジェクト指向だけを取り入れる手法ではないことがわかります。この他の概念との共通部分があるものの、別のやり方を混ぜたり改善することで、優れたソフトフェア開発を目指せる内容になっています。