ドメインの使いまわしとWEBサイト制作

WEBサイトを運用する時、一般的には1つのサイトに対して1つのドメインを使います。ですがドメインだってお金がかかる、コストを優先したサブディレクトリやサブドメインでの複数サイト運用はダメなのでしょうか?

1ドメインでの複数サイト運用はサブドメインが良い?

コンテンツを大きくカテゴライズするときに、サブドメインで分けるか、サブディレクトリで分けるかという選択肢が生じます。一見、サブドメインで分けたほうがGoogleから別ドメインと判断されてSEOに影響がありそうですが、どちらで分けた場合も、SEO的には優劣はないとGoogleはアナウンスしています。運用コストも、通常はどちらも変わらないでしょう。重要なのは、どのようなカテゴリのコンテンツを分けていくのかということです。ユーザーにとっても理解しやすい分け方がよいと考えられます。
したがって、独自性の強いテーマを追加するならサブドメインに分け、独自性の弱いテーマを追加するならサブディレクトリにするという方法が一般的に考えられます。たとえば本の通販を行っているサイトの場合、生活用品の販売を開始するのであれば、サブディレクトリに追加します。もし新規事業で旅行業を始める場合は、サブドメインで運用します。
明らかにテーマの違う、複数サイトの運用であるなら、サブドメインが候補として考えられるでしょう。こうすれば、Googleアナリティクスもサイトごとにプロパティを分けられるので、サイトごとに分析ができて便利です。サーバーのディレクトリ構造も、サイトごとにルートから分けられますし、robots.txtなどもサイトごとに別々のファイルが使用できます。このように、あたかも別ドメインで運用しているかのように管理できるので、運用上便利と言えます。
ただし、常時SSL化する場合などは、サブドメインごとにサーバー証明書が必要になり、コストがかかるので注意が必要です。ワイルドカード証明書を使う方法もありますが、利用できるサーバ証明書は限られてきます。

サブドメイン運用は同サイト?別サイト?

ドメインは検索エンジンの多くがサイトの識別を行う為の情報として利用しています。その為、SEO対策としてドメインを効果的に利用し、これを軸にサイトの被リンク数を増やすことで検索エンジンの上位に表示することができると言われています。その為、一般的にはサブドメインに於ける運用はトップドメインの評価によってしまうことになるため、SEO上は不利と言われています。
しかし、Googleの見解では、基本的にはサブドメインは別サイトとして扱うということになっています。その為、Googleに於いてはサブドメインで作成したサイトであっても、そのサイトに対する優良な被リンクが多く、またコンテンツの内容が有意義なものであればトップドメインのサイトの評価に関係なく、検索エンジンの上位に表示される可能性が有るのです。
但し、ここでいくつか注意しなければならないことが有ります。それは、利用するトップドメインがGoogleから低評価を受けていないかをチェックすることです。万が一ペナルティを受けていたり、ブラックリストに登録されてしまっている場合にはその下層のサイトは全て同等と扱われてしまい、検索エンジンの上位を取得することが非常に困難になってしまうのです。その意味では、純然たる別サイトではなく、関連サイトとして扱われていることになります。
又、トップサイトと同様のコンテンツを掲載していたり、流用記事が多い場合などはペナルティなどの影響がなくても関連サイトと扱われることが多く、Googleに於いては同一サイトと見なされ検索結果が入れ替わって表示されることも有ります。その為、Googleの見解では別サイトと扱われていますが、実際には同一サイト、若しくは関連サイトと扱われることも少なくないのが実態です。

ドメインは使いまわしてもコンテンツは新しいものを

今まで使っていたドメインを差し替えて新しいサイトに掲載しようとした場合、気をつけておきたいのがコンテンツの差し替えです。すでにアップロードされたデータをそのまま使った時には、グーグルにコピーコンテンツとして扱われ、新しいサイトが飛ぶ危険性があります。
使い回しで差し替える場合などには注意して使うようにしてください。新規ドメインにおいてもコピーコンテンツは検索順位に大きく影響します。過剰なコピーとして認められた場合はフィルタ制限がかかり、検索エンジンに反映しない場合があるので注意しましょう。
バックリンクに関してはこちらからコントロールできない部分ですので、気にする必要はありません。むしろバックリンクをそのまま活かせる点こそが中古ドメインを使う一番のメリットも言えます。ただ過剰なリンクが入っているものや同一リンクの数が多すぎるものはコピーコンテンツ同様にフィルタ制限の原因となるので注意してくださいね。
中古ドメインは何をやっても上位表示しないものもあるので、一定期間が過ぎても成果が出なければ新しいものを使う方が得策といえるでしょう。場合によっては新規ドメインに差し替えるという方法もよいかもしれません。
とはいえ中古ドメインはそれだけのリスクを背負っていながらもメリットも非常に多く、たくさんの方から利用されているサービスです。上位表示の即効性やすでにバックリンクが入っていることは決して悪いことではなく、バックリンクサイトとしての運用が可能なこと。ターゲットサイトとしても効果があることなど使い道が多いのも魅力的なポイントです。
コンテンツは常に新しいものを入れて、サイトの上位表示に役立ててくださいね。